肌の老化は何歳から?老化を早めない為に自分で出来るケアとは?

肌の老化は女性にとっては毎日の気分を左右する位に重要な事ですよね。

10代や20代では考えなかったタルミやシミ、しわなどを気にし始めて、また1つ悩みが増える事が大きなストレスに繋がります。

目先の事だけに注目せず、後々老化を早めない為にも自分で出来る日頃のケアについて着目していきたいと思います。

肌の老化は何歳から?

 

肌の老化は何歳から

 

肌の老化に関しては、個人差がありますが、一般的には25歳がお肌の曲がり角と言いますよね。

実際、20歳から老化が始まっている人もいますし、遺伝子的な部分で違ってくる場合もありますから、全員が同じ年齢とは言えません。

基本的には、肌の代謝が落ち始める事が老化に繋がるという事です。

代謝が落ちる事によって、肌の内部にあるコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸などが減少していき、タルミやしわが表皮に現れます。

そして35歳を過ぎたころからシミやシワ、たるみやほうれい線、肌の乾燥、毛穴の黒ずみや開きなどが目立つようになります。

そうして化粧ノリの悪さや化粧崩れなど、以前は気にならなかった肌の変化がはっきりと解るようになっていきますので、そこで始めて『かなり老化した』と気づく事も多々あるのです。

しかし、自覚症状を察知するその前から予防する事によって、老化を遅らせる事が出来るのです。

老化の一番の原因って?

 

老化の一番の原因

 

老化の1番の原因は、『紫外線』だと言われています。

もちろん体質(遺伝子)などで違ってはきますが、80%は紫外線が原因の様ですね。

実際、海外でのデータではトラック運転手が紫外線の当たる左側と右側とでは、数十年後の老化(見た目だけでかなり)がはっきり違ったといいます。

他に老化の原因となるのは、『肌の乾燥』です。

肌の乾燥がひどいと、肌表面のバリア機能が損なわれ、肌内部が損傷しやすくなるのです。

その為、しっかりバリア機能を保っている肌と乾燥がひどい肌とでは、紫外線を防御する力も違ってきますし、外的要因からの刺激も多くなり、アトピー性皮膚炎などになったりする事もあります。

そういった事からも、肌表面のバリア機能を高める商品を使い、更に紫外線を防ぐ生活を心がけましょう!

そうする事により、肌の内部(真皮層)が守られますので、新しい細胞がきちんとしたターンオーバーのサイクルで表皮にあがってきます。

未熟なままの細胞だと、乾燥を繰り返すので、しっかり表皮を守る事が実は肌の内部にとても良い状態を与える事が出来るのです。

表皮の『ラメラ構造』をきちんと整える事が重要だという事です。

老化を早めない為に自分で出来るケアとは?

 

老化を早めない為に自分で出来るケア

 

先程も申しました通り、紫外線を防ぐ為には日焼け止めが一番有効ですが、肌の弱い人はそれ自体が肌荒れに繋がって、結果、乾燥を招く原因にもなります。

日傘やアームカバー、ネックカバーなどを使う事が一番おすすめです。

目にはサングラスを使用し、顔の肌には紫外線予防率の高いファンデーションを使用しましょう。

ファンデーションも、ノンケミカルのものが増えてきていますので、ノンケミカル商品を選びましょう。

保湿と紫外線対策!

実はこれだけで治癒力を高め、肌のターンオーバーを正常にして、老化を防ぐ事が出来るのです。

そしてスペシャルケアとして、自分にあった美容液やクリームで栄養を送る事!

特に手の甲には最近、専用のクリームが販売されているようですね。

そういった製品を使って、昼と夜を分けてケアを行いましょう!

老け手に効果があるハンドクリーム情報はこちら ⬇

老け手に効果抜群!ハンドピュレナ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。